トレッキングシューズ、どう選べばいいの?ある登山初級者の買い物体験

[LoZoDo] 男女兼用 アウトドア シューズ 大きいサイズ トレッキング シューズ ハイカット 防滑 登山靴

この頃はいろいろな「◯◯ガール」という言葉を見聞きしますが、そんな中でも「山ガール」はすでに古参の域に入っている感がありますね。

近年のアウトドアブームの影響もあり、若い女性だけでなく、さまざまな人が登山やトレッキングを楽しんでいます。

そんな登山やトレッキングに欠かせないアイテムのひとつが、トレッキングシューズです。

でも、種類やデザインが豊富だし、ちょっと専門的な感じがして、実際に買うとなると敷居が高いと感じていませんか。

そこで、登山初級者の私が、実際にトレッキングシューズを購入したときの体験談を交えつつ、どのように選ぶかの考え方をご紹介します。

登山初級者といっても幅が広いと思いますが、私の場合は、自然にふれあったり歩いたりするのが好きだけれど、まだ登ったことのある山は両手で数えられるくらいというレベルです。

トレッキングシューズを初めて買うという方は、参考にしてみて下さいね。

自分の身を守るトレッキングシューズ

登山やトレッキングの魅力のひとつは、普段の生活から離れて、自然の中に身をゆだねる、いわゆる非日常を楽しむことにあると思います。

しかし、そんな非日常には思いもよらない危険も潜んでいます。

「初心者でも登れる山だから」―そんな油断は大敵です。

私自身、避暑地へ旅行に行った際に、友だちのトレッキングシューズが古くなっていて、歩いているうちに靴底が剥がれてくるという事態に遭遇しました。

平坦な道での短時間のハイキングだったので事なきを得ましたが、あれが登山だったらどうなっていたか・・・。

毎年たくさんの遭難事故が起きていますが、その中には装備が不十分だったという場合が少なくないのです。

トレッキングシューズがいざというときに命を左右するといっても過言ではありません。

適切な装備が自分の身を守るという気持ちをもって、しっかりと選びたいものです。

とはいえ、アウトドアの相棒選びを楽しむという心もお忘れなく。

トレッキングシューズについての基礎的な知識を知ろう

トレッキングシューズの特徴

ひとくちに登山といってもさまざまなスタイルがあるように、登山をするための靴すなわち登山靴にもいろいろな種類があります。

トレッキングシューズは登山靴の種類のひとつで、一般的には雪がほとんど積もっていない時期に山歩きをするための靴です。

山の中の道は、デコボコしていたり、ぬかるんでいたり、岩場があったり、急斜面だったり・・・街中の舗装された道とは全く異なっています。

しかも、日帰りの場合で5キログラム以上、テント泊の場合は10キログラム以上もあるザックを背負って歩かなければなりません。

そんな中を普通のウォーキングシューズで歩いたら、靴底が滑ったり、足首を挫いてしまったり、足の裏が痛くなったりしてしまいますよね。

場合によっては靴がすぐに壊れてしまうようなこともあるかもしれません。

トレッキングシューズは、このような山道を歩きやすいように作られていて、足を痛めないような丈夫な素材、滑りにくく厚くて硬めの靴底(ソール)などを特徴としています。

ですから、初めてトレッキングシューズを履くという方は、重く感じられたり、足首が自由に動かなくて不自由に感じられたりすることもあると思います。

私が初めてトレッキングシューズを履いたのは、高校の林間学校のときでしたが、安物を買ったことや、当時の製品が今のものほど履きやすくなかったこともあり、本当に重く、足首が曲げられず動きにくく感じたので、まるでスケート靴やスキー靴を履いているかのようでした。

とはいえ、現在のアウトドアブームの後押しもあり、トレッキングシューズは日々進歩を続けています。

私自身、最初に履いた頃とは比べものにならないほど履きやすくなったのを、今回の購入で実感しました。

トレッキングシューズのタイプ

トレッキングシューズには、足首まわりの高さ(カット)、素材などに応じてさまざまなバリエーションがあります。

カットは、足首のまわりの高さが低い順に、ローカット、ミッドカット、ハイカットとなっていますが、厳密な線引きがあるわけではありません。

低いほど足首が動きやすくて軽く、逆に高いほど足首をサポートする力が高くて異物も侵入しにくくなります。

本格的な登山になるほどカットの高いものを使うのが一般的です。

また、素材は、化学繊維や合成樹脂のものと、革のもの、あるいはそれらの組み合わせ(ハイブリッド)のものがあります。

一般的に、化学繊維は軽く柔らかいのに対し、革は堅くて耐久性に優れているといえます。

化学繊維の中でも、ゴアテックスなどの素材は、外から水が浸入するのを防ぎつつ汗による湿度を放出する防水透湿性に優れています。

こうした機能の優れているものほど、当然のことながら値段も高くなるのですが、アウトドア用品のうれしいところは、値段に比例してきちんと機能がついてくるところ。

あとは、自分の目的やお財布と相談しながら選んでいくことになります。

どのタイプがいいの?大は小を兼ねない

さて、ではどのタイプを選べばよいかということですが、実はこれには正解があるわけではありません。

どこでいつ登山(あるいはトレッキング)をするのか、これまでにどのようなアウトドア経験があるのか、どのくらい体力があるのかなどによって、適したシューズのタイプも異なってくるのです。

カットや素材の違いだけではなく、初心者向けのデザインや岩場の多い山に適したモデルなども出ています。

私の場合は、未舗装道路のトレイル(自然歩道)を楽しんだり、里山から2000メートル未満級の山までを基本的には日帰りで登ったりすることを想定しての購入でした。

もっと経験を積めばゆくゆくはアルプスの縦走だって・・・と夢は膨らみますが、目的に合ったものを選ぶことが大切。

アルプス用のシューズは、そのレベルの登山ができるようになってからのお預けです。

大は小を兼ねるとはよく言いますが、残念ながらトレッキングシューズ選びにおいてこの言葉はあまり当てはまらないようです。

アウトドアショップに行ってみよう

「ポチッと」してはダメ?

大まかな知識を身につけた上で向かうはアウトドアショップ。

最近は何を買うのにもインターネット通販で「ポチッと」購入する人も多いと思いますが、トレッキングシューズについては別です。

それは、自分の足にフィットするものを選ぶことが非常に大切だからです。

まずはアウトドアショップなどの店頭で、実際に商品を手に取ってみることをおすすめします。

同じ商品がインターネット上で安く売られている場でも、店頭で試して品番やサイズが確定してから購入するようにしましょう。

店員さんにいろいろ聞いてみよう

アウトドアショップの店頭に行く利点は、商品を実際に手に取れることだけではありません。

店員さんからいろいろなことを教わることができるのです。

店舗にもよりますが、一般的なアウトドアショップには、アウトドア経験や商品についての知識が豊富な店員さんが多くいます。

特に初心者の場合は、自分の目的に合ったトレッキングシューズを絞り込むのも大変ですよね。

そんなときは店員さんの力を借りましょう。

ひとつの商品をひたすらおすすめするような店員さんの言いなりになってしまうのは問題ですが、こういう目的で使いたいということを伝えた上で、商品を絞り込んでもらうといったアドバイスを受けるのもおすすめです。

私の場合、目的に合わせて、ミッドカットからライトなハイカットの間に当たるモデルに絞り込まれました。

また、あまり体力に自身がある方ではないので、素材は軽めのものをおすすめされました。

納得のいくまで試し履きしてみよう

ある程度の絞り込みができたら、試し履きをしていきます。

このときに忘れずに持って行きたいのが、自分が実際に使用する登山用の靴下。

登山用の靴下は、普段履きのものと比べて、一般的に厚手になっています。

もしもまだ登山用の靴下を持っていなかったら、トレッキングシューズを同時に購入してしまうというのも手です。

合わせる靴下によってフィット感が変わってきてしまいますから、たかが靴下、されど靴下ですよね。

めぼしいサイズのものを持ってきてもらったら、いよいよ試着です。

店員さんいわく、靴紐をゆるめた状態で足を入れ、つま先を前の方に詰めたときに、かかとに指1本分くらいの余裕があるものがちょうどよいサイズなのだそうです。

OKだったら、今度は足をかかとの方へ詰めて、靴紐をしっかりと締めて結びます。

そして、全体的にフィットするかどうか、当たって痛いところがないか、歩いたときにかかとが浮き上がったり足がぶれたりしないかなどをチェックしましょう。

私が購入した店舗には、岩場や斜面を再現した台が置いてありました。

こういった台を上り下りすることで、実際に山道を歩く際の感触をイメージすることができます。

試し履きは自分に合ったトレッキングシューズを選ぶために重要ですから、納得のいくまで行いましょう。

見た目のデザインや色使いで天秤にかけるのは、あくまで履き心地で合格するものが複数あったときのみです。

インソールを変えてワンランク上に

トレッキングシューズには元々インソール(中敷き)が付属していますが、さらに自分の足にフィットさせ、足の裏の衝撃を吸収して疲れにくくさせるために、インソールを追加購入して換えるのもおすすめです。

私の場合、履き心地がよいと感じたトレッキングシューズの中で、サイズをどうするかで迷っていました。

ワンサイズ下のものでは少し窮屈に感じ、逆にワンサイズ上のものでは足の甲とかかとの部分のゆとりが心持ち大きいように感じたのです。

そこで店員さんから、上の方のサイズのものでインソールを換えることを提案されました。

換えた状態で試着してみて納得。

甲の部分もかかとの部分もフィットし、おまけに歩く際の衝撃を吸収してくれるので、歩いていて楽だというのが、店内を試し歩きするだけでもはっきり分かりました。

トレッキングシューズそのものは高価な買い物ですが、無理してハイクラスのモデルを選ぶよりも、その差額でインソールをアップグレードする方が、より自分にフィットするものを手に入れることができる可能性もありますよ。

シューズも身体も十分に慣らしてから山歩きに向かおう

トレッキングシューズを初めて買うという方の中には、「◯◯山に登ろう」と誘われて、一気に山道具一式を揃えるというケースも多いと思います。

そういった方々には、目的の山登りの当日に、新品のトレッキングシューズを初めておろすということが多々見受けられます。

しかし、いくら店頭で念入りに試し履きしたとはいえ、山道を初めて歩くと、予想以上に足が疲れたり、足が痛くなったりするといったことが起こりえます。

実際に本格的な山歩きをする前に、未舗装の道やちょっとした里山を歩いてみて、シューズを履き慣らしておくことをおすすめします。

また、慣らしておくのが重要なのはシューズだけではありません。

身体も十分に準備しておく必要があります。

ちょっとした里山歩きを楽しみながら、だんだん山歩きのレベルを上げていきましょう。

きちんと手入れをして保管しよう

「遠足は家に帰ってくるまで」ですが、トレッキングシューズは帰ってきてからもきちんと手入れをする必要があります。

まず、泥や埃などは乾いた布で拭き取ります。

堅いブラシなどでゴシゴシこすると、生地を傷めてしまったり、防水性能が落ちてしまったりするので避けましょう。

私は、落ちにくい汚れの場合、使わなくなった柔らかめの歯ブラシをぬらしてこするようにしています。

次に、インソールを外して陰干しします。

インソールは湿気がたまりやすい場所なので、風通しの良いところに置くとよいでしょう。

最後に、撥水スプレーをかけます(革の場合は革靴専用のスプレーやクリームを使います)。

ゴアテックスなどの高性能素材でも、きちんと手入れをしなければその機能を長く発揮することはできません。

手入れしたトレッキングシューズは、型崩れをしないように新聞紙などを詰めて、風通しのよい湿度の低いところで保管しましょう。

このようにすることで、苦労して選んだアウトドアの相棒とより長くつきあうことができます。

とはいえ、トレッキングシューズには寿命があるのも事実です。

使い方によって一概に言えませんが、一般的に5年以上経つと劣化してしまうとされています。

特にしばらく使用していなかった場合は、使う前に問題がないか必ずチェックをしましょう。

まとめ

トレッキングシューズ選びには正解がありません。

いろいろと書き連ねましたが、結局は自分の足で試してみることが重要です。

納得のいくまで探して試して、自分にぴったりのトレッキングシューズを見つけて下さいね。

また、実際にやってみなければ分からないのは、山歩きという自然の中の体験も同じことです。

決して自然を侮らず、その深い懐に抱かれるという体験は、何事にも代えがたいものだと思います。

1足のトレッキングシューズが、素敵な非日常への入口になることでしょう。