トレッキングシューズをどうして現代人は履くべきなのか

mens-oboz-footwear

山登りをする時に使用されるのがトレッキングシューズ。

山登りをしないという人でも充分使える仕様になっています。

しかし、選んだことのない人にはなかなか手の出ないシューズでもあります。

どのようにしてトレッキングシューズを選んだらいいのか、そして、トレッキングシューズには、どのような特徴があるのかを確認しましょう。

普段履いている靴よりも大きなメリットを感じられるでしょう。

スニーカーだけじゃない

シューズと言ったらスニーカーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

それとビジネスシューズとしての革靴。

これくらいしか思い浮かばない人もいるでしょう。

しかし、最近はトレッキングシューズというものが出てきています。

登山する人のためのシューズ。

革靴やスニーカーとは違う魅力があります。

トレッキングシューズを履いている人に注目してくださいね。

もともとは登山用

トレッキングシューズは登山用です。

山登りをする人向けの靴です。

そのため、トレッキングシューズは山登りに最適な構造になっています。

まず、その履きやすさです。

山登りをする時には必ず体というものは疲れます。

坂を登ったり降りたりするので、間違いなくシューズによって疲労感も変わってきます。

トレッキングシューズはこのような厳しい登山のために、長時間履いても疲れない構造になっています。

登山をする人の立場に立って設計されているのです。

これから登山をするという方にはおすすめです。

富士山に登るという方も、高尾山に登るという方にもおすすめできます。

山登りをなめてはいけません。

かなりの体力が消耗されます。

普通の運動靴では必ず足に負担がかかります。

トレッキングシューズを履いたほうが、がエネルギーの消耗も少なく、足に負担がかかりません。

山登りで成功しようと思ったときの必需品なのがトレッキングシューズなのです。

山登り以外でも使える

もちろんこのトレッキングシューズは登山をしなくても使えてしまいます。

例えば通勤。

革靴ばかり入っている必要はないのです。

坂を上るとき階段を上る時などには、トレッキングシューズは役に立ってくれます。

その他にも散歩する時には使えます。

坂を登る時や放送されない道路ない道を歩くときにもトレッキングシューズが大変履きやすいです。

登山をする場面以外でも使えるトレッキングシューズ。

足に負担をかけたくないなら、おすすめできるシューズなのです。

防水仕様

山登りをしている時に天気が悪くなったらどうするでしょうか。

靴はビショビショになってしまいますよね。

これでは歩くこともままなりません。

トレッキングシューズは登山用ですから対策はばっちりできています。

ウォータープルーフ機能を備えているものを購入すれば、雨が降っても大丈夫。

防水仕様になっているので、靴の中に水が入り込んできません。

快適に長時間歩くことができる工夫がされているのです。

これも登山の際には大変役に立つ機能ですが、登山でなくても役に立ちますよね。

ビジネスの際に急に大雨が降ってきた。

都心にいてもゲリラ豪雨というものが起こっています。

靴がビショビショになって普通の革靴ではビジネスなどやってられません。

だからこそトレッキングシューズを履いてください。

防水仕様になっているので雨が降っても安心。

落ち着いて移動することができます。

これからの時代は、山登りをする人以外も、トレッキングシューズを履かなければいけない時代なのです。

耐久性が抜群

トレッキングシューズの多くは革でできています。

そのため耐久性も強く、少し踏まれたくらいではびくともしない安心感があります。

道に小さいゴミが落ちていたり、石が転がっていたりしても、大したダメージもありません。

これがスニーカーだったりマラソンシューズだったりすると、耐久性もあまりないので足を痛めることもあります。

スニーカーやマラソンシューズはその機能を最大限に引き出すために、軽量化がされていたりソールが軽くなったり、やわらかかったりします。

これが普段の生活ではけがの元になってしまうこともあります。

ゴミを踏んでしまうことや、ゴミやガラスを踏んでしまうこともありますよね。

トレッキングシューズなら丈夫にできているので足のダメージも少なくなります。

足の安全を考えるなら、トレッキングシューズを履くことが好ましいのです。

グリップ力が高い

トレッキングシューズの魅力はグリップ力が高いこと。

滑りにくく足に力を込めやすいです。

普通のスニーカーでは靴のソールの凹凸が少ないです。

トレッキングシューズはでこぼこしています。

そのため力が入りやすく、酵素をされていない道だと歩きやすいです。

天気が悪くなっても滑りにくいです。

雨が降ってしまうと滑りやすくなりますが、トレッキングシューズを履いていれば滑りません。

たまに雪が降ることがありますが、その時にもトレッキングシューズは役立ちます。

都心部ではめったに雪は降りませんが、雪が降ってしまったら大変です。

多くの人が雪を想定していないので、いつも通りのスニーカーや革靴を履いて出掛けてしまいます。

その結果、腰を打ったり、着地するときに手首を骨折してしまったりと大変なことになるのは、都心部の名物ともいえるでしょう。

そうならないためにもトレッキングシューズを用意しておくべきです。

天気の悪いときのために、一足ぐらい用意しておく必要があります。

トレッキングシューズは普段履く人でなくても、おすすめができるのです。

トレッキングシューズのお手入れ

トレッキングシューズは革でできていることが多いです。

お手入れには気をつけてください。

レーザークリーナーを使いましょう。

小まめに掃除することも大切です。

その際には、影陰干しすることが必要です。

レーザークリーナーは1カ月に1回くらいでいいでしょう。

しっかりケアしつつ使用することで長い間履くことができます。

そして、毎日、同じ靴を履いていると靴に負担がかかります。

すぐに靴をだめにしてしまいやすいです。

そのため、ローテーションを組みましょう。

毎日違う靴を履いて、同じ靴を連続して履かないようにするのです。

そうすると靴のダメージも小さくなります。

というわけでトレッキングシューズを履くなら、一足だけというのではなく、2、3個一気に購入する必要もあります。

一つだけ購入してしまうと、そのそのシューズばかり履いてしまってだめにしてしまいやすいです。

トレッキングシューズを長く使いたいなら、複数持ったほうがいいでしょう。

トレッキングシューズにはくせがある

トレッキングシューズは、基本的に硬めにできています。

そのため、体力のない人には履きにくいかもしれません。

普通の運動靴・スニーカーのほうがいい人もいます。

丈夫にできている分、少し重くなっています。

体力のない人には少し厳しいかもしれません。

複数個購入したほうが、トレッキングシューズのためになるというのは上に説明しました。

しかしその前に、トレッキングシューズが自分の足に合うかどうかを確認することも必要。

トレッキングシューズを一足だけ購入して、履き心地が気に入ったのなら複数個購入するの方法がおすすめです。

このタイプの靴は、好みにかなり影響されます。

トレッキングシューズは、耐久性や防水性を追求しているために、がっちりして少し重いです。

このクセに合わなければ、不快になってしまいますので注意です。

まとめ

トレッキングシューズの特徴とその選び方を見てきました。

登山をする人のことを第一に考えた作りになっています。

そのため耐久性や防水性にもすぐれていて、丈夫なのが魅力です。

都心でも急に雪が降った場合には困ってしまいますが、そんな時にも準備しておきたい1冊です。

天気が悪くなった時でも安心して移動でき、自然の変化に対応できる、地に足のついたシューズだといえるでしょう。

登山に興味がないという人でも一足は持っておきたい一品です。