トップ 著作権・免責事項

著作権について

各種著作権・認可に関するガイドライン

「ビジぱぶ」(以下当社)での制作に関して以下の権利問題をクリアしていただくようお願いします。 万が一、著作権その他の権利についての問題が生じた場合は、お客様側で全責任をもって対応され、当社では全てを免責事項とし一切の責任と負荷を負わないものとします。

[1] 音楽に関する著作権

映像出版においては著作の許可がない楽曲を使うことができません。 (世にCD化されて流通している楽曲はほとんどJASRACの著作権管轄となっています) 著作権登録されている楽曲を使用される場合は必ず、然るべき手続きで著作権の許諾を得た上で楽曲使用されるようお願いします。 (著作権フリーの音源をお使いになる場合は手続き不要となります。)

以下が音楽の著作権を管理する事業者となります。

●著作権等管理事業者(作曲家、作詞家)
社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
http://www.jasrac.or.jp/info/create/video.html
株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)
http://www.japanrights.com/top.do
株式会社イーライセンス
http://www.elicense.co.jp/

●レコード会社 社団法人 日本レコード協会
http://www.riaj.or.jp/about/list.html

●実演家(歌手、演奏者等)
実演家(俳優等):実演家著作隣接センター
http://www.cpra.jp

※ 外国音楽を使用する際、外国の著作権者に直接、または代理人を通した許諾交渉が必要となります。

[2] 映像・写真・画に関する著作権

他者(社)が撮影した映像・写真または画、イラストには著作権がありますので、 著作権がある映像・写真・画等をご利用になる場合はそれらの権利に対して正当な 手続きを終了された上で制作していただきますようお願いします。
著作権フリーの素材をお使いになる場合は手続き不要となります。

[3] 出演者に関する肖像権

撮影した素材に出演者がある場合、出演者への出演許諾をクリアしていただきますようお願いします。 またプロのタレントや俳優に出演していただく場合、事務所サイドに媒体の用途、機関を提示する必要もございます。

▲ トップへ戻る

免責事項

制作内容について

「ビジぱぶ」では、アダルト関係の作品、公序良俗に反する内容の作品は受け付けていません。
予めご了承ください。

制作物の原版について

「ビジぱぶ」では、動画、ジャケット、盤面のデータの原版をお渡しすることはできません(全コース共通)。何卒ご了承の上、お申し込みください。

※ このガイドラインは予告なく変更する場合がございます

▲ トップへ戻る



Copyright © 2008 Visipub all rights reserved.